英語_子音連結

英語の子音の連続:スムーズに発音できる完全ガイド!

ピーナッツバターのようにスムーズに英語を話したいですか?

それなら、英語の子音の連続(子音連結)について学びましょう。

小さな文字を組み合わせて、英語を流暢に完璧に話せるようになれます

英語には子音の連続があらゆるところにあります

まず、英語には5つの母音があることを知っておいてください。“A,” “E,” “I,” “O” そして “U”です。

残りの文字は全部子音です。

2つから3つの子音を組み合わせると、それは英語の子音の連続(子音連結)ということができます。英語において、この子音の連続した音は独特なので、非ネイティブにとって難しい発音もあるかもしれません。

この記事では、いくつかのよく使う英語の子音の連続と、その発音の仕方を紹介します。

ネイティブが使っている実際の例文もたくさん紹介します。文を正しい音のまま、まるごと覚えましょう

英語の子音の連続をどのように練習するか

英語の子音の連続を正しく発音するには、たくさんの練習が必要です。特に母国語には存在しない音であれば、全く新しい発音を学ぶことになるので、習得に時間がかかるかもしれません。毎日の練習を欠かさないようにしましょう

まずは、一つ一つの子音の連続を例文とともに説明します。自分で同じ子音の連続を使う他の単語を調べて、その意味もチェックしてみましょう。英文を読んでいる時や、英語のテレビを見ている時、英語の授業の宿題をしている時なども、子音の連続に注意してみてください。そうすることで、英語の語彙が広がる上に、発音のスキルも上がります。

FluentUは実際の英会話の中で使われている英語の子音の連続を学べる最適な英語学習サイトです。FluentUは映画のトレーラーやミュージックビデオ、感動的な講演などリアルな英語の動画を、パーソナライズされた英語レッスンへと進化させました。

FluentUにはたくさんの面白い動画が収録されています。下の画像を参考にしてください。

英語-子音-連続

FluentUの動画には、インタラクティブな字幕が付いているので、英語の動画を簡単に見ることができます。どの単語でもタップするだけで、その意味やイメージ画像、役に立つ例文を見ることができます。

英語-子音-連続

例えば、”brought”という単語をタップすると、下の画像が表示されます。

英語-子音-連続

FluentUなら、動画に出てくる全ての単語を学ぶことができます。左右にスワイプして、学んでいる単語の例文を確認してみましょう。

英語-子音-連続

動画は、ジャンルやレベルことに分類されているので、自分にぴったりのものを簡単に見つけることができます。さらにFluentUは、学習中の単語を記憶し、学習済みの単語を元にして、あなたに合った動画を教えてくれます。英語には子音の連続がたくさんあるので、どんな動画でも実際の発音を聞くことができるでしょう。

パソコンでFluentUのウェブサイトを開いて、早速始めましょう。iTunesストアGoogle PlayストアでFluentUのアプリをダウンロードすれば、さらに便利になりますよ!

英語の子音の連続をマスターしてスムーズに英語を話そう!

1. “P”の子音の連続

P + L = PL

英語には、この子音の連続で始まる単語がたくさんあります(子音連結が単語のはじめにある場合は、頭文字連結、もしくは頭文字ブレンドと言います。)

“P”という文字は”puh”と発音します。それが”L”と組み合わされると、舌を前歯の後ろで止めて、それから開放します。

“pl”の子音連結で始まる一般単語には please や plane、plateなどがあります。

“Please pass me the plate.”(お皿を取ってください。)
夕食の席でこの言葉は必ず使うでしょう。

“I have to catch a plane.”(飛行機に乗らないと。)
ビジネス旅行でも楽しむだけでも、旅に必要な言葉です!

このミュージックビデオでは、歌手が”please”という単語の中で、”pl”をはっきりと発音しているのを聞くことができます。

P + R = PR

“p”という文字を“puh”と発音することは説明しました。

残念なことに、”R”は英語の中でマスターするのがもっとも難しい音の一つです。舌の後ろ側を上へし、空気を外に出すのです。英語のスピーチのプロが教える発音のコツとエクササイズを試してみましょう。

自信を無くしてしまう必要はありません。practice(練習)が完璧への道なのです!

すでに1つは紹介しましたが、”pr”で始まる子音連結を使った単語には practice、print、press などがあります。

Practice makes perfect!”(習うより慣れろ!)
この英語の言い回しを聞いたことがあるかもしれません。身につくまで練習を続けましょう!

Press the button to print the files.”(ファイルを印刷するにはボタンを押してください。)
学生や事務仕事をしている人なら、このフレーズを見たり、使ったりするはずです。

この動画では、アレン・アイバーソンという有名なバスケットボール選手が、”practice”という単語を20回以上繰り返しています。それだけ聞けば、どうやって発音するか分かるでしょう。

2. “S”の子音連結

S + L = SL

“S”の音は発音が簡単です。”sss”という音を出すときのように、舌を上につけて空気を押しだしましょう。蛇の「しゅっ」という音ですよ!

さて次はそこに”L”の音を足します。さっき練習したみたいに、舌を前歯の後ろにつけて、開放しましょう。

“sl”で始まる子音連結を使った一般単語にはslow、slide、sleepなどがあります。

”I am going to sleep now.”(さて寝てこようかな。)

“Go down the slide slowly!”(すべり台はゆっくり滑りなさいよ!)
公園をぶらぶらしてみれば、お母さんが心配して子どもにこう言っているのが聞こえるかもしれません。

この動画は”sl”の音を教えるためだけの動画で、とっても役に立ちます。

S + M = SM

この英語の子音の連続も”S”から始まるので、”sss”というシーという音からスタートします。

そこに”M”を足すには、唇を閉じて鼻から空気を出すのです。これらを組み合わせて”sm”の音を出すのです。

この子音連結で始まる一般単語には smile や small、smellなどがあります。

“She smiled as she saw the small flowers and smelled them.”
(小さな花を見てその匂いを嗅いだ時、彼女は笑った。)
この短い文章の中には、同じ子音連結が3つ使われています。

テレビの「フレンズ」で使われているフィービーの有名な”Smelly Cat”は、ネイティブが発音するこの音を聞くには素晴らしい曲です。

3. “G”の子音連結

この子音連結では、”L”や”R”など既に学んだ文字が出てきます。

まずは”G”の発音にフォーカスしましょう。この音はトリッキーで紛らわしいのです。

“G”という文字は、柔らかい”juh”という音になります(gymという単語やGeorgeという名前などで使います)。しかし、下記の二つの子音連結の場合は、強い”guh”という音になります。

この動画ではその違いを聞くことができます。

G + L = GL

この違いを理解し、”G”を発音できるようになったら、”L”の音とくっつけてみましょう。

“gl”の子音の連続で始まる一般単語にはglassやglide、glowなどがあります。

“The glass is glowing.”(ガラスが輝いている。)
glowingとは明るく輝いているという意味です!

“The ship glides through the waters.”(その船は水の上を滑るように進んで行った。)
船がスムーズに水の上を航海している様を表現しています。

この曲では、歌手が”glamorous”という単語を何度も繰り返し、”gl”の子音連結をはっきり発音しています。

G + R = GR

大切な”R”の音はまだ覚えてますか!さあそれを”G”と組み合わせてみましょう。

5回は声に出して練習してみましょう。

“gr”の子音連結で始まる一般単語にはgreat、grab、groupなどがあります。

Great job!”(よくやった!)
誰かがいい仕事をした時は、”Great job”と伝えましょう。子音連結を一生懸命しているあなたも、”great job”です!

“I always grab a coffee before I go to work.”
(仕事の前はいつもコーヒーを飲む。)
もし自分を正しく機能させるためにコーヒーがたくさん必要な方は、このフレーズを覚えておきましょう。

“Please stay with your group when you are with a holiday tour.”
(ホリデイツアーの最中は、グループと一緒に行動してください。)
迷子になってはいけません!海外にいる時は、グループから離れないようにしましょう。

Jet Englishが作った”gr”の音がたくさん出てくる動画をチェックしましょう。

4. “T”の子音連結

T + W = TW

この子音連結の中の”T”の音は、前歯の裏へ舌を押し、それから開放します。それを”W”の音と組み合わせてみましょう。”wuh”という音は、唇を丸めて小さな丸を作ります。

“tw”の子音連結で始まる一般単語には、twoやtwelveなどの数字があります。

“It is two o’clock already?! I thought it was only twelve o’clock!”
(もう2時なの?!まだ12時だと思ってた!)
毎日の時間を伝える時に、”tw”の子音連結を練習しましょう。

この動画では”tw”の子音連結がたくさん出てきます。

T + R = TR

同じように、”T”の音から始め、そのあとさっき練習した”R”の音を繋げましょう。

“R”の音はたくさん練習したので、きっと上手くなっているはずですよ!

“tr”の子音連結を使っている一般単語には train や try、trueなどがあります。

“I will try to take the train today.”(今日は電車で行ってみるよ。)
毎日車で仕事に行っている人でも、環境に配慮して電車に乗ることがあるかもしれません。

“What she said is true!”(彼女は正しいよ!)
友達が言っていることを後押しするには、こう言います。

“The Music Man”というミュージカルのこのシーンでは、”tr”の子音連結(troubleという単語で)が何度も繰り返し出てきます。

 

さあ最後までたどり着きました。たくさんの英語の子音の連続が理解できたのではないでしょうか。これらの発音から始まる単語が何千とあるのです!

もう英語で子音の連続が出てきても恐れることはありません!

この投稿を気に入っていただけましたら、実用的なビデオで英語が学べるFluentUは、あなたにベストな方法のはずです!

無料でサインアップ!

Enter your e-mail address to get your free PDF!

We hate SPAM and promise to keep your email address safe

Close