英語学習者が知っておくべきアメリカのスラング20選

アメリカ‐英語‐スラング

友達に“Hey, what’s up?”(やあ、調子はどう?)と聞かれたのに、

“Um, the sky?”(ええっと、空?)なんて答えてしまった経験はありませんか?

“what’s up?”は「上には何がある?」という意味ではなく、調子はどうか尋ねるスラングなのですが、そんなこと分かりっこありませんよね?

けれどもこれこそが、実社会で日常的に使われている言葉なのです。

英語の授業では決して習うことができません。…

英英辞書アプリ:英語学習のお供におすすめのベスト8

あなたの英語学習を速めるベスト辞書アプリ8選

英英辞書のアプリを活用しましょう!

知らない英単語を見つけた時、あなたはどうしていますか?

お出かけに大きくて重たい辞書を持って行きたくはないですよね?

単語を書き留めておいて、あとで調べますか?

家に帰った頃には、書き留めた場所さえ忘れてしまっているかもしれません。

そんな問題を一気に解決するのが、英英辞書アプリです。

アプリをダウンロードして、分からない単語はいつでもどこでもすぐに調べましょう!…

英語を上手に話す方法:ペラペラになるための10の簡単なコツ

英語を上手に話せるようになる方法を知りたいですか?

英語がペラペラになる近道をお探しですか?

1日5分で完璧な英語が話せるようになるトリックはありませんが、

短い時間で、もっと流暢に話す方法を学ぶのに役立つ、しっかりしたコツはあります。

今までよりもっと英語がうまくなるコツをいくつかお伝えしましょう。

英語を上手に話す方法:ペラペラになるための10の簡単なコツ

英語はヘンな言語だと心得る

英語の文法には法則があるときもありますが、まったくないときもあります。“read”(リード)と“read”(レッド)は同じ単語ですが、現在形か過去形かによって発音が異なります。あるいは、なぜ、“mouse”の複数形は“mise”なのに、“house”の複数形は“houses”なのでしょうか。残念なことに、こういった例外が英語にはいくつもあります。ですから、すべてに理由を求めて英語をきちんと話そうとすると、すぐ行き詰ってしまいます。英語はときに、ヘンで説明ができないことがありますが、そんなときはそのヘンな例外は暗記してしまって、次に進みましょう。

どっぷりと浸かる

週に1度、1時間英語を学習しても実質的には上達しないことが多いです。速く英語を上達させるコツは、少なくとも数分の、毎日の練習です。勉強するときはいつも、どっぶりと英語につかり、難しいと思うことでも、英語で聞き、読み、口に出してみましょう。流暢になりたければ、日常生活の一部にすることが重要なのです。…

英語学習者が絶対使うべきポッドキャスト12選

テキストや教科書じゃない方法で英語を学んでみたいと思っていませんか?

もしイエスなら、その答えはこれです—イングリッシュ・ポッドキャスト。

なぜポッドキャスト?

イングリッシュ・ポッドキャストは英語を学ぶとても良い方法です。

移動中でも、イスに座りながらでも、いつでも好きな時に好きな場所で聞くことができます。会社に行くまでの長い長い移動時間を、ポッドキャストを使って有意義に過ごしてみませんか?

イングリッシュ・ポッドキャストを使えば、少しの努力でリスニング能力だけでなく英語能力全体を高めることができます。ポッドキャストの便利なところは、トランスクリプト(音声を書き起こしたもの)が常にあることです。なので、聞き取れないパートがあってもすぐに単語を確認できて、そしてリスニング能力とリーディング能力を同時に高めることができるのです。

FluentUではリーディングやリスニングとともに、ビデオを使った方法も利用できます。ポッドキャストを使い始める前にもっとリスニング能力を高めたい人は、the videos in

読みやすく優れた必見の洋書10冊

読書をすることで、輝く新しい世界と出会え、英語を学習する上で新たなレベルへと進めます。

ゆっくりとした道のりのように感じるかもしれませんが、効果的です。

英語学習に洋書を取り入れることで、今まで以上に早いペースで流暢な英語に近づけます。

最寄りの図書館に足を運び、良書がもたらす違いを見出しましょう!

洋書を読む利点

“読書をすればするほど、知識が増える。知れば知るほど、行き先が増える。” – ドクター・スース  英語圏の国の子どもは皆、ドクター・スースが大好きです。読書が大好きだけど、本格的な英語の小説を読むのに尻込みしているという方、ご安心ください。私たちが一歩ずつサポートいたします。読書をすればするほど、より英語力がつきます。まずは、内容がそれほど難しくない優れた英語の小説から読み始めましょう。いずれにしても、時々、語学学習の課題を設定することは良いことです。他にどんな方法で英語力を向上させる予定ですか?

読書はやりがいがある

職場で使う英語:基本の挨拶、質問35選

シンプルな英文

新しい職場でどんな風に英語を話せばいいのだろうと困っていませんか?挨拶の仕方から質問の方法まで、基本的なビジネス英会話をマスターしましょう。

新しい仕事が決まって、初出勤を控えている方、もしくは職場で英語をどう話したらいいのか悩んでいる方、ぜひ今回ご紹介するフレーズを覚えましょう。自信を持って話せる英語のフレーズが頭にあるだけで、緊張も少しはほぐれるはずです!

職場での会話は、日本語であっても難しいものです。どうやって新しい同僚と話したらいいのでしょうか?何をしゃべればいいのでしょうか?上司に気に入られるにはどうしたらいいのでしょうか?

それを英語で話すなんて、想像しただけでも頭は真っ白になってしまいそうです。

でも、一見超えられそうにないほど高く見える壁でも、実際には案外簡単で単純だった、そんな経験はないでしょうか。

もしあなたが、職場で英語を話すことに緊張しているなら、難しいことを考えるのはやめましょう。わざわざ難しい言い回しを覚える必要はないのです。同僚や上司はあなたの文法の知識

雑誌を読んで英語を学習しよう:おすすめ英文雑誌10選

雑誌で学ぶ英語

英語の学習に雑誌なんて役に立たないと思っていませんか?実は、ネイティブの人たちが日常的に読んでいる雑誌には、英語教材からは得ることのできない情報がたくさん詰まっています。

ここで紹介する英語学習に最適な10の雑誌から、自分の趣味、興味に合うものを選んで、雑誌を使った英語学習を初めてみてください。

さて、世界で最初の雑誌が誕生したのは、1663年、ドイツでのことです。

それ以来、雑誌は世界中に広がり、ありとあらゆるジャンルの雑誌が登場しました。

当時は、有名な小説家であるアーサー・コナン・ドイル(シャーロック・ホームズの作者)までもが、そのマスターピース(代表作)を雑誌に発表しました。

そして現在もなお、雑誌は常に素晴らしい芸術作品を発表する場の1つとなっています。雑誌にはたくさんの…