Category | 영어 단어와 문법

カジュアルなイギリス英語を理解しよう:英語学習者向け、主要なイギリス英語のスラング18選

イギリス人の言っていることが解りにくかったことはありませんか?特に彼らの若い層など?そうだとしても、あなただけではありません。私にとって、イギリス風になるのは難しかったです。19歳の時、オーストラリアで、アメリカ人4人とカナダ人1人とルームシェアしていました。 コミュニケーションに問題はないと思っていましたが、それは間違いでした。まず、彼らは、私が「ヘンなイギリス訛り」をしているのでオーストラリア人かと思った、というのです(エリザベス2世のようには話しませんし)。ルームシェアを始めて数週間後、彼らはしびれをきらして、私の英語が理解しがたい時がある、と言ってきました。「まず、buttyって何だよ」とそのうちのひとり(私の出身地では、サンドイッチを指します)。アクセントだけでなく、私のイギリス英語のスラングが、コミュニケーションを難しくしていたわけです。 …

英語で動物と話す方法:言いたくなってしまう、動物の鳴き声17選

ミャオ!ウーフ!チャープ!どの動物の鳴き声か分かりますか? 猫、犬、鳥の鳴き声は全部同じ言語で表されますが、使われる音は、言語によって様々です。一部の動物の鳴き声やそれを表す動詞は、それ以外の意味でも、日常会話で使われることがあります。ですから、面白い新単語の学習に加え、英語での動物の鳴き声を知ることでもっと、新たな自己表現方法も見つかるのです。 言語によって、同じ動物の鳴き声は異なる? 動物の鳴き声は…

英語面接でよくある、8つの質問へのベストな答え方集

仕事をお探し中のあなた。求職はいつでもストレスが溜まるものですよね。 やっと面接の通知来たとなれば、さらに神経をすり減らすことでしょう。 面接にこぎ着けたなら、いずれにせよ、おめでとうございます… …でも、他にも心配の種はありますよね。 面接が英語! パニックの始まり!どうやって答えればいいの?何を聞かれるだろう?面接官の心を動かして、選んでもらうには何を言えばいいだろう? 大丈夫です。まずは落ち着いてリラックスしましょう。心配要りません。 面接に臨む時はほとんど人が、少なからず不安になることでしょう…でも結局のところ、こういった機会こそ、あなたの人生を永遠に変えるチャンスなのです! 面接官がよく聞く8つの質問をやっつける=うまくやる回答をご紹介します 夢の仕事に別れを言う必要はありません。代わりにハローと言えることでしょう。…

Happyの言い方上級編:16選

最も役に立つイディオムやスラングはもうご存知でしょう。 最もよくある、ESLで習う文法ミスは、もうしないですよね。 そういった場合に、英語のボキャブラリーを上達させる…

英語学習者に役立つ17の挨拶方法

「hello」「how are you?」といった挨拶方法はすでにご存知かと思いますが、英語スピーカーは、常にこればかりを使っているわけではありません。他にもたくさんの、少し違う意味になる英語の挨拶・表現があります。 そういった挨拶を使えば、もっと自然に聞こえますし、はっきり正確に、自分というものを表現できるようになります。 世界中の人々が挨拶に使っているスラング同様、「hello」「how are you?」以外にもある、フォーマル/インフォーマルな、シンプルな英語の挨拶表現を学んでいきましょう。ESLの生徒でもビジネスのプロフェッショナルでも、使えるものを用意しました。 よく使われる挨拶表現 英語スピーカーは通常くだけた感じで挨拶するので、カジュアルな状況で会う人々と同じように、友人、家族にも以下の会話を使えると思います。…

本当に存在する15のヘンな英単語

英語がペラペラ、とは簡単にいかないこともあります。 英語のおかしな語彙はほとんど、まったくもって罪深いのです。 完全にヘンに見えたり聞こえたりする単語はたくさんあります。 ありがたいことに全部辞書に載っていますので、おとぎ話用につくられたものではないとわかりますね。 おそらく、重要な文法・スラング・イディオム…

今すぐ学ぶべき最も使える英語の格言50選

職場で誰かがヘンなことを言っていた日がなかったでしょうか? 同僚がスタッフ会議で言っていました。「猫が袋の外に(秘密が漏れた)」「でも、こぼれた牛乳に嘆くな(覆水盆に返らず)。今日まだできることはあるよ」 「オーケー、みんな、鉄は熱いうちに打とう」と上司。 どういう意味か上司に尋ねたら、彼は言うでしょう。 「英語の勉強を引き続き頑張って。ローマは一日にしてならず」 猫?牛乳?熱い鉄?ローマ?何を言っているの?その答えは、同僚は格言を使っているのです。…

英語学習者が知っておくべきアメリカのスラング20選

友達に“Hey, what’s up?”(やあ、調子はどう?)と聞かれたのに、 “Um, the sky?”(ええっと、空?)なんて答えてしまった経験はありませんか? “what’s up?”は「上には何がある?」という意味ではなく、調子はどうか尋ねるスラングなのですが、そんなこと分かりっこありませんよね? けれどもこれこそが、実社会で日常的に使われている言葉なのです。 英語の授業では決して習うことができません。…